The Rip's Run of U.S.A.
97' Summer A RIZONA 8days
またまた、やってきました97年夏!!
今年のアリゾナは全国から集まった、平均年齢39歳の5名がエントリー。
出発当日まで、雨知らずの猛暑が続いたネバタ、ラスベガス。翌日からの雨、雨、雨、、。 『誰だ〜!!雨男/女は〜』

でも、数回の雨に打たれただけで、上手に雨雲をすり抜け無事ラスベガスへ戻って来ることが出来ました。ツアー終盤に『実は、ぼくは雨男なんです』と告白をした加藤さん。そして『私は晴れ女』と言っていた紅一点、増野さん。2人合わせて曇り空、、めでたしめでたし!?

今回は、空港到着から始まったハプニング、そして最終日までバイクの故障続きと”トラベル=トラブル”そのものでした。おかげさま!?で心に残る沢山の思い出が出来たようです。

前列右から時計回
M さん ・紅一点。悪天候にもめげず、”旅”を盛り上げてくれました。ちょっとあわてん坊で、モニュメントバレーを背にコケた第一号。”ひまわり”のような女性でした。
S さん ・今回の最年長。どんなことにもトライ!! 全てを吸収して感動を味わう、ポジティブなお父さん。85マイルで先導車をブッチギリ、驚かせてもらいました。
K さん 出会ったときは、井上 陽水さんかと思ったほどのそっくりさん。古代遺跡などを発掘、調査をする学者さん。どうりで色黒なんですね。
H さん ・純、熊本男児!!色々なジャンルに精通した、お話し上手な電気店社長。また、カントリーロックの大ファンでした。
F さん ・メリハリのきいた好青年。硬派と思いきやトップレスでは、共にエンジョ〜イしましたネ〜。ウッシッシ、、。また行きましょう。


主催:(株)道祖神
アメリカを走り抜けた仲間達に関するご意見、ご感想をお寄せください。
ご参加頂いた皆様、近況報告などメールをお待ちしています。
npny@npny.com

Freedom America Inc.